ホーム >> 読谷の里 >> 新着情報 >> 事務所だより >> ◆ゆうな①・短期 ヒヤリハット(気づき)への取り組み(10月)

事務所だより

カテゴリ

過去の記事

お気軽にお問い合わせください

サービスのご案内
  • 読谷の里
  • ショートステイ
  • デイサービス
  • 居宅介護
  • 訪問介護
  • ふれあいの里
  • ふくぎの里
  • 紅華の森
  • 栄養課
  • 読谷の里 入所申込書PDFダウンロード
  • 紅華の森 入所申込書PDFダウンロード
読谷の里

事務所だより

2020年11月20日

◆ゆうな①・短期 ヒヤリハット(気づき)への取り組み(10月)

◆帰宅願望からの行動により事故が懸念される。

(Kさん)は、R2.7月入所。入所当初から仰っている事は、「今日帰ります。バスは何時に来ますか。」と帰宅する事を何度も報告してきます。私物一式をカバンに詰め込み(大きなカバン) 車椅子乗車でカバンを膝の上に乗せ移動したり、カバンを床に置き、足で蹴りながら移動したりします。又、施設中庭が蹴り道と思い、段差を車椅子で乗り越える事も見られ、怪我、転倒、転落の危険性がある。

取り組み内容:①所在確認 ②帰宅願望の軽減(※不安感を取り除く)事の対応(ケア)する事で事故予防ができる。

IMG_8038_LI (2).jpg

10月を取り組んで:カバンの持ち出しは、介護職の声かけ(帰宅時間ではない事)を説明行っており、持ち出し頻度は軽減しています。又、ご家族さんの協力もあり、(Kさん)の在宅(家)での生活歴を再確認する事ができ、編み物が得意である事を知る。ご家族さんに編み物を準備して頂く事ができました。現在も帰宅の報告はありますが、(Kさん)との信頼関係作りに努め、不安なく施設生活が送れるようケアして行きます。happy02編み物は慣れた手つきでお上手でしたhappy02

←前の記事へ

カテゴリ一覧へ

次の記事へ→